見た目はそれか・・・?

話には聞いてました。

コンビニではどんな人が何を購入したかのデータを取るために、レジにて性別やおおよその年齢(年代かな)を入力する、というのは。

                                                                                                                

                                                                                                                 

で、昨日、初めてご来店いただいたお客様とのお話の中でその話題が出まして、その方に具体的なお話を伺いました。

                                                                                                              

それによると、コンビニのレジには性別とおおよその年齢を入力するキーがある、と。

それは、女性はピンク、男性はブルーのキーで、例えば、アンダー19、29、とか、20~30、30~40のように、年代別に分かれてて、会計の最後に打つということでした。

                                                                                                                

                                                                                                                   

でもって、昨日と言うか今朝と言うか、土曜日の営業終了後にM子さんと帰りにコンビニに立ち寄った際に、M子さんだけが買い物をしたコンビニでレジを注視してたら、M子さんは“30代女性”のキーを押されてまして。

それをM子さんに伝えたら、かなり憤ってて、でも僕からしたら『へっへっへっ(笑)』てな感じで、帰り道からかってたんですが・・・。

                                                                                                                 

                                                                                                                      

その後、一人で立ち寄った近所のコンビニで買い物を済ませ、支払いの際にレジを注視していたらば・・・、

ちょっと顔なじみのパートのおばさまが、バーコードを通し料金を支払った時になんと!50オーバー男性のキーを押したんです。

                                                                                                                                 

                                                                                                            

・・・えーっ・・・、オレって50オーバーに見えんの・・・?

                                                                                                                   

自慢じゃないけど、普段は実年齢よりも若く見られるのに・・・。

                                                                                                                     

おいっ!某コンビニ!

そのデータは全然正しくないぞっ(怒)

                                                                                                                  

M子さんを笑えない僕でした・・・。

Posted in 未分類.