帰って来た『漆塗りの氷桶』

以前、このブログで書きましたが、当店は木の氷桶を使用しております。

金属のボウルやアイスペールは、氷が当たった所が溶けやすく、その点、木の氷桶は溶け方がゆっくりで氷に優しいので、開店当初から木の氷桶を使用してました。

 

そして、去年からだったかな?当店従業員M子さんの叔父さんが漆塗りの職人さんをやっている関係で、漆塗りの氷桶を作っていただいて使ってたんです。

 

でも、普通の木の氷桶も使っていると木の屑が氷に着いてしまうんですが、漆塗りの氷桶は、剥がれた漆が氷に着いてしまい、しばらく使っていたらちょっと困ったことになってしまったんですね。

で、M子さんの叔父さんにメンテナンスに出していたら、このほど、メンテナンスが完了し、無事当店に届きました。

DSC_0085

←それがこれです。

どうですか?

ピカピカしてカッコいいでしょ?

 

今回は、底板に布を張った上に漆をコーティングしてくださって、以前よりも漆が剥がれにくくなったようです。

だからといって、当店のカクテルやウイスキーが5割増し美味しくなった、というようなことは残念ながらありませんが、まあ、ちょっとモチベーションが上がったって事でよしとさせていただきます。

 

氷桶に興味のある方、お見せしますので、ご来店、おまちしております。

カテゴリー : 未分類.