聞いたことがないカクテル

この仕事を20年やってても、
オーダーを受けて、知らないカクテルっていうか、
聞いたことのないカクテルってあるものでして。
「お前の勉強不足だっ!」
と言われれば、まあ、それはそうなんですけど。
ただ、どこかのお店のオリジナル、なんてのは、
やっぱ、本なんかで頻繁に紹介されて、
よっぽどメジャーじゃないとわからないし。
つい昨日も、お客さんから聞いたことがないカクテルをオーダーされて、
結局、その方にレシピを伺って、お作りしたんですが。
自分で言うのもなんですけど、
僕はわりと、お酒関係の本に目を通すので、
頭のどっかにひっかかってて、結構憶えてはいると思ってるんだけど、
それでもやっぱし、知らないカクテルって結構あるんですよね。
じゃあ、新しいカクテルって、どうやって知られてく?っていうか、
メジャーになってくんでしょう??
今は、情報ってすぐに伝わりますよね。
インターネットとかあるから、
もうそれこそ、世界中にあっという間に。
でも、今のカクテルコンペなんかで優勝したカクテルは、
すぐに忘れ去られる(というより、あまり作って飲まれることがない)ような気がします。
逆に、昔のコンクール作品の方が、
今でもスタンダードとして残ってますね。
『雪国』とか『青い珊瑚礁』とか・・・。
他にもありますが。
これって、単純に「美味しい」「美味しくない」だけじゃないんだと思う。
当然、優勝作品って美味しいはずです。
実際作ってみると、「あぁ、美味しいね」ってのも多いし。
だから、情報が多すぎるのかな?って気もしますね。
あんまりにもたくさんコンクールがあって、
あんまりにもたくさんその情報があると、
かえって、その一つ一つの情報が忘れられちゃうって言うか、
記憶の片隅に留められてないんじゃないかな?って・・・。
こんだけ情報が錯綜する時代じゃ、無理もないとは思いますけどね。
まあ、そんなんで忘れられないほどに、
圧倒的に美味しいカクテル創れりゃいいんでしょうけど。
ほんと、できるなら、
いつか、そんなカクテル、創ってみたいですね。
バーで飲んでたら、隣のお客さんが頼んだカクテルが、自分の作品だった!
なんてね・・・。
ほんと、そんな事があったら、めちゃめちゃ嬉しいなぁ。
(まずないでしょうけど・・・)

カテゴリー : 未分類.