自転車の墓場

えー、今年もほんとにあとわずかとなりまして、
ちょっと前なら忘年会、ここ最近なら年末年始のお休みに入って、なにかとお酒を飲む機会が、皆様、さぞかし多いことと思われます。
こんな時期には、お酒による失敗も生まれやすいんじゃないか、と思うんですが・・・。
えーと、
なにを言いたいか、といいますと。
まあ、自分自身の失敗談なんですけどね。
ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、
僕ら(僕だけかも?)は、この時期だけじゃなくって、
年がら年中、何かにつけ飲んでます。
しかも、飲むときゃとことん、みたいな感じで。
すると、当然、失敗談も多くなるわけで。
もう、結構前の話なんですけど、
『自転車行方不明事件』というのが、僕自身に多発した時期がありまして・・・。
今は、飲みにゆくときには、自転車を使わずタクシーで行きますが、
当時は自転車で飲みにゆくことも多く、
また、仕事後に飲みに行ったときにも、無謀にも自転車で帰ったりしてたんです。
そうすると、
グデングデンになった僕が、自転車でちゃんと帰れるわけが無く、
翌朝には「チャリがない!」と・・・。
(当然、記憶など微塵もありません・・・)
で、不思議なのは、
一応、家にはちゃんと帰って寝てるんです。
でも、自転車はない・・・。
どこに置いてったのか、さっぱりわからない・・・。
こんなことが、何度もあり、
ひどい時には、2週間で3台!てなときも・・・。
で、思うんですけど、
これらの行方不明の自転車たちは、
きっとみんな、『自転車の墓場』に行ってるんじゃないか、と。
象が死ぬときに行くっていう、あれと同じく。
だから、
僕の失われた自転車たちは、
みんなで、ひっそりと集まってるんです、きっと。
・・・自転車は大事にしましょう。
(これは、ずいぶん前の話なんですが、お客様に、「この話は絶対面白いから!」って言われたので書いてみました。今は、こんなことはありませんので。)

カテゴリー : 未分類.