一発でOKな仕事、一発がNGな仕事

スポーツニュースを観るとよく思うんですが、
世の中には、特にスポーツの世界では、
一発でOKな仕事と、一発がNGな仕事があるように思います。
例えば、
野球の場合、
ピッチャーだったら、9回の2アウトまで無得点に抑えてても、
最後に一発ホームラン打たれたら、1:0で敗戦投手になっちゃうこともありますよね。
逆に、バッターの場合、3打席目まで3三振でも、
最後の打席でホームラン打ったら、1:0で勝利の立役者、ってこともある。
サッカーだったら、
ディフェンダーは、90分間完璧にディフェンスしてても、
ロスタイムで失点しちゃって負けちゃったら、すべて台無し。
逆に、フォワードは、90分間全く得点できなくても、
ロスタイムで貴重な勝ち越し点入れられればOK、とか。
実際には、そんな簡単なもんじゃないんでしょうけど。
でもそういう部分はありますよね。
一般社会の具体例は、ちょっと思い浮かばないんですけど。
で、僕ら、バーテンダーはどっちなんでしょう?
一生懸命接客してて、お店によく来店いただけるようになっても、
たった一回のミスで嫌われてしまうこともあるでしょうし、
逆に、ずっとなんとなくたまーに来店いただいてたのが、
なんか一回ツボに入るサービスが出来たことで、常連さんになっていただけることもあるかもしれません。
でもやっぱり、総合的に考えると、一回がNGな仕事なんでしょうねえ。
そんな経験がないわけじゃないし・・・。
ただ、言い訳ですが、
完璧を目指さなきゃいけないんですが、人間ですので、ミスは当然あります。
そんな時でも、それまでの自分達がしてきた接客の積み重ねで、
一回のミスを許していただけるようになれればな、
って思ってお仕事しております。
(↑これもやっぱ甘い考えですかねえ・・・)

カテゴリー : 未分類.