「食の格付けは是か非か」

静岡新聞の1月27日付け、27面の投稿特集の記事です。
例によって、詳しくはこのブログでは書きませんので、
興味がある方は、記事をご覧ください。
これは、主として、『ミシュランガイド』の事についての討論の様ですが。
ミシュランについては、
以前に、このブログでも、ちらっと書きましたけど。
今回も、独断と偏見で語ります!
新聞では、
肯定、否定、両者の意見が掲載されてましたけど、
世間では、実際どうなんでしょうね?
僕的には、
『どうでもいいじゃん!』
(↑またもやですみませんが・・・)
って感想しかないな。
飲食に限らず、
どんな分野でも、
ガイドブックってのは、
単なる情報誌っていうか、
娯楽誌でしかありえないと思います。
だって、記録法の競技は違うかもだけど、
採点法の競技では、
絶対的な基準がない以上、
あくまでも、主催者側の思惑が結果を左右するのは、当然普通にある話ですよね。
とすると、
そこに掲載される、されない、ってのは
その本の求める基準に合致してるか、してないか!
でしかないと僕は思うわけです。
で、
こういう出版物の是非。
いいじゃんね、別に。
結局、単なる目安に過ぎないわけで。
こういうのって、
それを使う側の意識でしかないわけで。
単なる目安にすりゃいいの。
確かにさ、
世界中見わたしゃ、今日食べるものにも困る人達がいる国もあります。
けど、幸いにして、
日本ではそんなこともあんましないわけで。
だったらさ、
傲慢な言い方かもだけど、
そんな現実を少しは楽しむ余裕があってもいいかな、って。
僕は、
もし、バーの格付けをするガイドブックが存在するとして、
自分の店が、低い評価を付けられたり、
掲載されもしなくても、全然構わないんだろうと思います。
だって、
それが、取材者一人のウチに対する評価でしかないって思えるので。
もちろん、そういう意見も真摯に受け止めますけど。
結局、ガイドブックって、
見て使う人次第なんですね。
まあ、ガイドブックの評価と、
実際にご来店いただいてるお客様の評価が一致するのが一番なんだけどさ・・・。

カテゴリー : 未分類.

4 Comments

  1. おぉーっ。
    嬉しいコメントが続きますなぁ。
    ありがとございます。
    「ふらっとで大当たり!」
    って、とってもうれしいですよ。
    まあ、もしもガイドブックなんぞに載ったとして、
    どんな評価だったとしても、
    来店してくれたお客さんが
    「いいお店だったね♪」
    って思ってもらえたら、それが一番ですよね。

  2. 私も持山先輩と同意見です。
    地元なら(そんなにないけど)ふらっと入って好みのお店
    だったら嬉しいし、そうでなくてもそれはそれ。
    出張時はたまに情報誌を見る時もありますが、参考程度で
    基本はやはりふらっと(笑)
    実はOZさんも「ふらっと」だったのですが、大当たりでした。

  3. 貴重な休み時間に、どうもありがと。
    ま、だからさ、
    ガイドブックってやっぱ目安にすぎないんだね。
    自分の足で探すとか、
    自分が信頼できる口コミが一番でしょうねえ。
    ウチは、miiさんのお気に入りでいられ続けるよう、
    努力してゆく所存でございます(笑)。

  4. こんにちは。持山さま。
    ただいま、お昼休み中なり。
    たいだい、休憩時間とか お休み時間におじゃましてます(笑)
    ブログにおじゃまするのも
    仕事中の楽しみのひとつです。
    ガイドブックや情報誌に関しては
    私も あんまり 気にしてません。
    でもでも女のこですから
    ちょっと情報はきになりますけど(笑)
    やっぱり みなさん「自分」が基準になりますものね?。
    他の人はよくないって言っても
    私はすごくよかったり。
    本に掲載されるから=いいお店
    ってのも 違うと思うし。
    人が沢山いるように
    お店も沢山あるし
    それぞれの やり方や思いも違いますものね^^
    私もモッチさんのファンの一人です。
    フフフ。。。

コメントの受付けは終了しました。