『料理男子』

先日、仕事後の朝、とあるTV番組を観ていたら、今『料理男子』と言われる方々が人気だ、と。

つまり、料理が得意な男性が女性にモテる、ということらしいです。

                                                                                                        

パエリヤなんかも一から作っちゃうし、パスタなんかも手打ちで作ったりとか、とにかく本職みたいにキチンとお料理するみたいですね。

                                                                                                                            

                                                                                                        

まあ、景気もこんなんだし、家飲みにシフトしている方も多いでしょうから、ホームパーティやら外食の予定を家ですませたりとかがあって、自宅でお料理する事が多くなってるってのもあるんでしょうけど、これってどうなんでしょうねえ?

                                                                                                              

                                                                                                      

以前から、料理が趣味って男性は割といたような気がします。

でもそれは、いわゆる「男の料理」ってやつで、つまり、作りたいものの為には金に糸目をつけず、普段は絶対に使わないであろう調味料などを買い求め、なおかつ、作った後のキッチンはろくに片付けもしない、てな感じの。

で、人に作ったもの振舞うのが好き、っていう男性は、今どきの若い方に限らず年配の方にもいらっしゃいますよね?

                                                                                                          

でも、年配の方のそれって、単なる自分の趣味の押しつけっていうと語弊があるかもですが、自分が作った盆栽を見せたりっていうのとさほど変わらないんじゃないか?って気がするんです。

                                                                                                                               

で、今の『料理男子』はちょい違うのかな?みたいな気が・・・。

                                                                                                      

これは、よく言う『草食系男子』の流れなんですかねえ?女性の方が強くって、男性は気を引くためにお料理する、みたいな・・・。

最近は『弁当男子』なる、昼食のお弁当を自作してくる男性もいらっしゃるらしいですしね。

僕なんか、いちいち作るなら、お店に行って美味しいもの食べた方が全然楽だし、そもそも家に調味料の類なんてろくすっぽ用意してないし、大体が自分で作るより女性に作ってもらいたい方ですけどねぇ。(よほどひどいモノを作られた場合はちょっと考えてしまいますけど・・・)

                                                                                                           

                                                                                                        

まあ、いろんな趣味にケチをつける気はありませんが、飲食に関しては、家は家で、手間のかかるお料理とかは外で食べてもらって、ついでにカクテルやウイスキーなんぞも飲んで行こうか、みたいなスタンスでいていただければ僕らもありがたいんですけどねえ・・・。

                                                                                                            

                                                                                                            

                                                                                                           

                                                                                                             

カテゴリー : 未分類.