『キルホーマン ニュースピリッツ』

えー、久々の、新入荷のご案内です。
別に新入荷が全く無かった訳じゃないんですが、
ここでお知らせする程のものも無かったので・・・。
で、今回の新入荷。
20090707001802.jpg
『キルホーマン ニュースピリッツ』
キルホーマン、というのは、
2005年にアイラ島にオープンしたばかりの、スコットランド最西の新しい蒸留所です。
まだ操業して間もないため、『キルホーマン』ブランドとしてのウイスキーは発売されてません。
(スコッチは法律で3年以上熟成させないと、ウイスキーとは名乗れないので)
でも、
先日、1本限定で発売された、この蒸留所初のウイスキー、
『キルホーマン モルトウイスキー 3年』は、
なんと、オークションで、約80万円!の値がついたそうです。
で、この、『キルホーマン ニュースピリッツ』ですが、
2009,03,19蒸留、2009,04,21瓶詰、と、
わずか一ヶ月の熟成のスピリッツです。
まだ開栓していませんが、
とあるデータによれば、
フェノール値50ppmと、強烈なピート香と甘さがわかりやすく表現されている、とのことです。
ジム・マーレーという著名なウイスキー評論家が、このスピリッツに94点という高得点を付け、
「疑う余地が無く、素晴らしい」
と、コメントしたとか。
僕自身のテイスティングコメントじゃなくてすみませんが、
逆に、その方が信憑性があるかも・・・。
ってことで、
この『キルホーマン ニュースピリッツ』
シングル1杯¥1,200にて提供しております。
その他にも多少新しい商品がありますので、
ご来店の際には、ぜひお試しください。
あと、
遅ればせながら、
当店、今月1日より、恒例のクールビズに突入いたしました。

カテゴリー : 未分類.

4 Comments

  1. なにしろ、JUNK氏は“初物マニア”でもありますから。
    「未開栓」つーのに弱いよねぇ♪
    ミニチュアセット、是非ご購入してください!
    お持ちいただいて、おすそ分けしてもらえたら、何らかのサービスをいたしますので。

  2. 開栓に立ち会わせていただきました。
    で、感想は・・・
    「たった1ヶ月のくせに、なかなかやるじゃん!」って感じ。
    また、わかりにくい表現ですいません・・・
    味は合格だと思うんだけど、三口目くらいから青臭さが残るんだよね。
    少し薄めようと加水したら、青臭さがより際立って、
    翌朝起きても、臭ってた。
    それでもやっぱり、気になる・・・
    楽天で、1ヶ月、1年、2年の3本セットのミニチュアボトル売ってた。
    買っちゃおうかな・・・

  3. レスポンス早いねぇ、Mrファッキンペインター。
    さすが、ナイスコメンテイター♪
    えー、
    ブログ書いた時点では未開栓だったので、
    他のテイスティングコメントを引用させていただきました。
    昨日、開栓したので、自分の感想を言えば、
    わかりやすく言うと、
    一口目は、「おっ、思ったより美味いじゃん。」
    で、燻したような煙くさい香りと、甘い味。
    もうちょい飲むと、植物の青くさいような香りと味。
    こりゃ、単純に若すぎるからだよな。
    キチンと熟成すれば、結構いけるんじゃない?
    てなトコですか。
    ただ、
    僕は味オンチなバーテンさんなので、あまり信用しないように!

  4. 難しい事わかんねぇからさ?
    ガツンとくるとかさ、ふんわりしてるとかみたいな表現にしない?
    バーンてくるけどス?って給油できるみたいな。
    違いの分からない男でございます。

コメントの受付けは終了しました。